何を基準に翻訳業者を選んでますか。後悔しないための翻訳業者探し!

翻訳の設定は納期や料金、用途などによって様々です。自身の希望するプランを伝えて自分の気にいる業者を見つけ出して、対応が良い業者を選ぶことをお勧めします。

浴衣の語源

『湯帷子(ゆかたびら)』が浴衣の語源だと言われています。

帷子とは麻でできた単衣のことで、昔は身分の高い人が入浴後に着ていたことが浴衣の始まりと言われています。

江戸では一年ごとに違う浴衣を着こなすことが粋だとされており、着古した浴衣は赤ちゃんのおしめや雑巾などとして再利用されていたようです。

浴衣はお祭りの礼装として着られることも多かったようです。

copyright©何を基準に翻訳業者を選んでますか。後悔しないための翻訳業者探し!.All Rights Reserved.更新日-2012年11月7日