何を基準に翻訳業者を選んでますか。後悔しないための翻訳業者探し!

翻訳の設定は納期や料金、用途などによって様々です。自身の希望するプランを伝えて自分の気にいる業者を見つけ出して、対応が良い業者を選ぶことをお勧めします。

お問い合わせ

申し訳ありませんが、現在問い合わせは受け付けておりません。
ご了承下さい。

翻訳担当者の日本語力と専門性

翻訳作業に必要なポイントは2つあります。
第1には、担当者の国語力です。第2には、担当者の専門性です。

翻訳を手がけるには外国語力が必要なのは当然です。とはいえ翻訳文に往々にして見られる独特の翻訳調は、日本語としてこなれていないことを示しています。

これは外国語の持つシンタックスが日本語のシンタックスに変換されていない時に起こります。訳者は原文を理解して語学力があっても、それを日本語として適切な文章に仕上げられないのは、むしろ日本語力に問題があるからです。

文芸作品について外国の小説家の作品を日本の小説家が翻訳を手がけることがあります。しかし、科学技術の分野、たとえば遺伝子工学の先端技術の論文を日本の小説家に任せる、ということは普通はありません。やはりその分野を知悉している研究者が訳出にあたるのです。

copyright©何を基準に翻訳業者を選んでますか。後悔しないための翻訳業者探し!.All Rights Reserved.